障害児が生まれる確率は?

ベイビーサポートは副作用はないの?

ベイビーサポートは

 

直接体内に入れて使い産み分けゼリー。

 

 

体内に直接入れて使うってちょっと不安・・・。

 

これから生まれてくる赤ちゃんへの影響や

 

母体への副作用とかったら怖い・・・。

 

そんな方も少なからずいらっしゃいます。

 

 

使うなら

 

こういう不安はしっかり解消しなくてはなりません。

 

 

そこで「ベイビーサポート」の副作用はないのかを

 

調べてみました。

 

ベイビーサポートの成分

まずは成分から。

 

成分に体に悪いものが入っているだけで、

 

副作用うんうん関係なく嫌ですよね(笑)

 

ベイビーサポートの成分は以下のようなものでした。

 

 

 

【ベイビーサポート全成分】

 

水、プロパンジオール、乳酸、ヒアルロン酸Na、チャ葉エキス、

 

カルボマー、ポリアクリン酸Na、塩化Na、BG、

 

アルギニン、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

 

これらの成分を以下の目的で配合しています。

 

 

@保湿

 

A抗炎症

 

B消臭

 

C増粘剤

 

DPH値調整

 

E生薬基材

 

F防腐剤

天然成分のみ使用、人体への悪影響は「0」

ん?ちょっとまてよ?

 

防腐剤とか大丈夫なのか!?

 

 

・・・と一瞬不安がよぎりましたが、

 

ご心配なく。

 

 

ベイビーサポートに含まれる「防腐剤」や、その他成分は、

 

すべて天然成分が使用されていて、

 

目薬や薬、化粧品や食品にも使用されている

 

人体への影響や刺激が最も少ないものを

 

「1%未満のごく少量のみ」使用しているそうです。

 

 

 

さらに第三者機関である日本食品分析センターが

 

安全性のテストを行った結果、

 

身体に無害なものばかりで問題なし!と判定してます。

 

 

 

天然成分が使われているから肌への影響が極めて少なく、

 

皮膚のアレルギーを持っている人でも使えます。

 

 

その証拠としては、

 

ベイビーサポートは販売以来

 

使用して何らかの悪影響があったり副作用が出たという報告が一度もない

 

とのことです。

 

 

 

自分の体にも

 

産まれてくる赤ちゃんにも無害なので

 

安心して使える商品と言えますよ^^