障害児が生まれる確率は?

ベイビーサポートの使い方は?

 

 

ベイビーサポートは

 

男女産み分けの確率を上げるための

 

妊活サポートアイテム。

 

 

使い方はいたってシンプルで、

 

直接体内に入れて使います。

 

 

ここではベイビーサポートの正しい使い方を見ていきましょう。

ベイビーサポートの使い方

 

使い方は超簡単です。

 

性交の際に、直接腟内に入れるわけですが、

 

その方法を簡単な図をみながら説明しますね。

 

 

@ 容器を取り出す

 

 

1本1本丁寧に梱包されています。

 

 

まずは袋から取り出しますが、

 

この際、キャップが外れないよう注意しながら取り出してください。

 

ベイビーサポート使い方@

 

 

A容器のキャップを外す

 

袋から取り出すと、

 

容器の先端にキャップがついているのが確認できます。

 

これを外して使います。

 

ベイビーサポート使い方A

 

 

ベイビーサポートを注入する

 

 

まずは容器を半分程度膣内に挿入します。

 

そこでピストンを押しベイビーサポートを直接注入します。

 

この際、体勢は<横向き>がおすすめです。

 

立った姿勢などではゼリーが外に流れ出てしまう可能性もあります。

 

できれば寝た状態、一番いいのが横向きです。

 

 

正しく使ってベイビーサポートの効果を確かめよう!

 

 

ベイビーサポートは

 

一言で言うと「膣内ph値調整剤」

 

です。

 

 

男女の性別は、

 

性交時の女性の膣内のph値によって左右されます。

 

 

酸性であれば女の子ができやすく、

 

アルカリ性であれば男の子ができやすくなっています。

 

 

使い方もいたって簡単。

 

正しく使ってベイビーサポートの効果に期待てみましょう^^