障害児が生まれる確率は?

ベイビーサポートの安全性は?

 

直接体内に入れて使うベイビーサポート。

 

なによりも安全面が気になります。

 

どういう場所でどうやって作られているのか?

 

品質管理は信頼できるのか。

 

そこについて調べてみました。

ベイビーサポートの製造環境

 

ベイビーサポートの製造環境はすごいです。

 

 

「クラス10,000以下」という値のクリーンルームに

 

最新鋭の製造機器をセットし生産体制を整えています。

 

 

この”クラス10,000以下”という数値がポイント。

 

これは、「空気中に含まれる浮遊物の値」を示しているのですが、

 

この数値レベルが一体どういうレベルかというと、

 

空気中にほとんどなにも浮遊していない、病院の手術室と同じレベルです。

 

 

医療業界向け製品の衛生環境とほぼ同じで、

 

まぎれもない超清潔空間となります。

 

 

こういった綺麗な空間で作られている点は

 

品質管理面においてはプラスではないでしょうか。

 

 

更に、

 

このクリーンルームを維持する仕組みも厳重です。

 

室外より強制的にエアーを取り込み、

 

プレフィルター、中性能フィルター、HEPAフィルターという

 

三重のフィルター透過を行うことで

 

完璧な清潔な空気を室内に送り込む方法を採用しているんですね。

 

 

こうやって生産する環境の清潔度を常に最高に保つ仕組みが整っています。

 

 

デリケートな商品だけに

 

最高にきれいな空間で作ってくれてることは

 

安心感にもつながります。

品質管理水準を第三者機関がチェック

 

 

ベイビーサポートは 

 

その製造工程において

 

高度な設備を使った徹底的な衛生品質管理を実施しているだけでなく、

 

素材そのものにもこだわりを持っています。

 

 

なによりも全てが日本製という部分も安心ポイントのひとつですね。

 

 

ゼりー本体から外箱に至るまで完全日本製。

 

さらに、

 

製品が製造される工程を第三者機関が徹底的に検査していて、

 

ユーザーとしては安心できるレベルといえるでしょう。

ベイビーサポートの安全性は完璧

このように、

 

ベイビーサポートは安全性については特に徹底した環境下で製造されています。

 

 

<母体にに直接入れて使用する>という特性を持った製品だけに

 

問題を出すわけにはいかないですよね。

 

 

直接体内に使う産み分けゼリーのような商品は

 

安全性について不安を抱くものです。

 

 

 

不安があって当然の潤滑ゼリーだけに

 

ベイビーサポートは全ての工程において徹底した安全管理を追求し、

 

厳しい検査をすべてパスしたものだけ

 

私たちの手元に届いているんですね。