障害児が生まれる確率は?

障害児が産まれる確率と年齢との関係は?

 

女性の卵子年齢って

 

年齢と比例していることはご存知ですか?

 

 

この卵子年齢は

 

障害児が産まれる確率に密接に関係してると言えるでしょう。

 

 

卵子はお母さんのお腹の中にいる時にすでに作られ、

 

年齢と共に減少してしまいます。

 

 

しかも二度と新しい卵子が作られることはありません。

 

 

一般的な女性では、

 

出生時200万個あった卵子が

 

思春期には約20〜30万個まで減少し、

 

月経周期が来るごとに数百〜数千個が減少します。

 

 

一日で換算すると、

 

毎日数十個ほど減少しゼロになり閉経を迎えます。

 

 

若いと時から大きな病気一つせず元気だから

 

40歳過ぎても元気な赤ちゃんが生めるとは限りません。

 

卵子年齢が上がるにつれて卵子が劣化し、

 

障害児が生まれる確率も上がります。

 

 

年齢別に障害児が生まれる確率は以下の表のとおりです。

 

ダウン症発症率と染色体異常の確率と年齢との関係です。

 

障害発生と年齢との関係

 

となっています。

 

 

妊婦の年齢が上がると、

 

障害児が生まれる確率も上がります。

 

 

その原因が卵子の機能が低下すると考えられています。

 

 

女性で生れてくるからには妊娠、

 

出産したいと思っている方は沢山いますよね。

 

 

頑張って不妊治療してやっと妊娠できたと思って

 

いざ出産してみたら障害児が生まれたとなると

 

受け入れるのが大変な方がほとんどだと思います。

 

 

数字はあくまで統計に過ぎないので、

 

今からでも努力する必要はあります。

 

 

毎日の生活習慣を見直し、

 

子宮をいたわることが大切です。

 

 

タンパク質やミネラル、葉酸を毎日しっかり摂取し

 

身体を温め毎日イキイキした生活を送りたいですね。