障害児が生まれる確率は?

ベイビーサポートは赤ちゃんに無害?

 

赤ちゃんが欲しくて妊活していた時、

 

赤ちゃんが欲しい!と考えると同時に、

 

夫と

 

最初は女の子がいいかな〜〜、とか、

 

やっぱり長男がいいな〜とか、

 

産まれてくる赤ちゃんの性別のことも気になりますよね。

 

 

初めての赤ちゃん以外にも、

 

第2子以降を希望している方で、

 

産み分けしたいと考えている方におすすめなのが、

 

潤滑ゼリー「ベイビーサポート」です。

 

 

 

ベイビーサポートは、

 

希望する性別の子供を授かる可能性を高めてくれる

 

妊活+産み分けのサポート商品。

 

 

 

 

でもベイビーサポートは直接体内に使用する製品なので、

 

胎児への悪影響はないのか?と不安になりますよね。

 

 

そこで

 

ベイビーサポートの赤ちゃんへの悪影響の有無について

 

調べてみました!

 

天然成分だけで作り安全管理も徹底

 

 

調べてみたいところ、どうやら安心できそうです。

 

ベイビーサポートには、

 

もともと自然に存在してる天然の成分だけで商品を作っているので、

 

公式ページの説明では、

 

直接口や目に入ってもまったく害がないとのこと。

 

 

 

生産工程では、

 

使う人のことを最優先に考えて徹底した安全性の追求を実施。

 

さらに第三者機関が厳しい適性試験を行い、

 

それをパスしています。

 

 

公式サイトでは

 

ベイビーサポートの全成分とその成分を配合する目的の

 

記載があります。

 

 

厳選した安全な成分だけ使っていて、

 

製造工場にいたっては、

 

病院の手術室並みのクリーン環境。

 

品質管理面も申し分なしですね。

 

 

気になる赤ちゃんへの悪影響については、

 

 

ベイビーサポート発売以来、

 

赤ちゃんに何か影響があったという報告は

 

これまでも一度もないそうです!

 

 

 

ベイビーサポートが原因で障害を持った子どもが生まれるリスクは「0」です。

 

 

製品上の問題で危険が起きる心配は無用といえるでしょう。

 

 

結論:ベイビーサポートは赤ちゃんに無害

 

いかがでしょうか。

 

 

これまで一度も赤ちゃんへの悪影響の事例が無いので、

 

結論的に言うと、

 

ベイビーサポートによって赤ちゃんに障害が発生するということは

 

無いといえるでしょう。

 

 

 

ただ、注意点があります。

 

近年、高齢妊娠、高齢出産が当たり前になりつつありますよね。

 

加齢とともに障害発生のリスクはどうしても上がってしまいます。

 

ベイビーサポートが安全とは言え、

 

もし高齢での妊娠出産となる場合は、

 

事前にかかりつけの医師に相談してみるもの大事かなと思います。