障害児が生まれる確率は?

フーナーサポートの3つの特徴をさらに詳しく!

 

 

 

3つ条件が整うことで、

 

精子と卵子の活動環境を最適化されます。

 

ここではその「3つの条件」について

 

具体的に説明していきますね!

 

 

 

最適な粘度について

 

まず重要なのが、粘液の粘度です。

 

 

精子が卵子に到達するために行う移動運動を抑制せず、

 

確実に女性に到達させるために粘液の粘度がとても重要となります。

 

フーナーサポート潤滑ゼリーは、

 

他の潤滑ゼリーよりも低い粘度で生成。

 

本来の役割を果たながら

 

精子を確実に卵子にたどり着くための最適な粘度を実現しました。

 

 

さまざまな要因が重なり、粘液の粘りが強くなってしまう場合もあります。

 

この場合でもフーナーサポートは最適な粘度に調整してくれるので

 

妊娠する可能性を高めてくれます。

 

 

最適なph値

 

精子の寿命は膣内ph値の影響を多く受けます。

 

精子はもともと弱アルカリ性なので、

 

膣内の環境が弱アルカリ性で保たれると、

 

長く活動的に寿命を保つことができるようになります。

 

 

 

一方で女性の膣内は、

 

雑菌の繁殖をおさえるためなど、

 

様々な要因から通常弱酸性の性質を持っています。

 

 

そして、

 

排卵日前後は女性の体は妊娠する準備をするので、

 

女性の粘液は弱アルカリ性に近づいていきます。

 

 

精子の活動を活発化させようと弱アルカリ性の環境を整えようとしますが、

 

何らかの影響により粘液に変調を起こすなどすると

 

弱酸性の性質に偏っていきます。

 

こうなると精子の活動力や寿命を弱めてしまいます。

 

 

フーナーサポート潤滑ゼリーは、

 

膣内環境が一番最適なphになるよう働きかけてくれるゼリーです。

 

本来の役割だけではなく、

 

精子が最も活動できる環境を保ってくれる潤滑ゼリーなんですね。

 

 

最適な浸透圧

 

 

精子が卵子に到達するためには、

 

本来女性が持っている粘液や

 

男性の精子が持っている浸透圧が

 

最も最適といわれています。

 

 

しかし、

 

市販されている一般的な潤滑ゼリーは

 

とても高い浸透圧を持っているものがほとんどなんですって。

 

これってどういうことかというと、

 

簡単に言うと、

 

精子と卵子の間に「壁」を作ってしまうってことなんです!

 

妊娠するために使っているアイテムが

 

逆に妊娠を妨げてしまっている。

 

そして、それに気づかず使ってしまっている方も多かったらしいです。

 

 

フーナーサポート潤滑ゼリーは、

 

従来の潤滑ゼリーがもつこの最大の欠点を改善してくれました。

 

女性の粘液や精子の浸透圧に限りなく近い浸透圧を持っています。

 

 

こうすることで

 

精子が卵子までスムーズ移動しやすい環境を実現し、

 

妊娠を大きくサポートする役割をもったわけですね。