障害児が生まれる確率は?

産み分けすると障害児が産まれる確率があがる?

赤ちゃんを心待ちにしてる間に必ずでる話題といえばなんといっても

 

産まれてくる赤ちゃんの性別のことについてですよね!

 

 

男の子だったらいいな〜とか、

 

女の子が欲しいな〜とか。

 

 

赤ちゃんは授かりものではあるものの、

 

「男の子がいい!」「できれば女の子が生まれて来てほしいな」など、

 

希望が出るもの当然ですよね。

 

 

最近ではどうしても希望をかなえたくて「産み分け」をする方も

 

たくさん増えてきました。

 

産み分けには様々な方法がありますが、

 

産み分けゼリーを使っての産み分け方法というものもあるんです。

 

 

産み分けで有名な杉山産婦人科では

 

産み分けを行う際、

 

ピンクゼリー、グリーンゼリーというゼリーを使います。

 

 

他にも産み分け用のゼリーは販売されてますが、

 

こんなゼリー使ってしまって

 

障害や奇形児が生まれる確率が高くなるんじゃないか?

 

と心配になる人もたくさんいらあっしゃると思います。

 

 

さて、産み分けをすることによって、

 

なんらかの障害や疾患を患ってしまう確率が上がることは

 

はたしてあるんでしょうか?

産み分けゼリーは安全が証明されている

 

杉山産婦人科が運営する産み分けネットでは

 

ピンクゼリーやグリーンゼリーを購入することができます。

 

 

そこでは、

 

「使用者および出産児の安全性は実証されている」

 

という記載を確認することができます。

 

 

産み分けゼリーを使ったのがきっかけで

 

胎児に悪影響が及ぶことは無いと言って問題なさそうです。

 

 

そもそも、障害児が産まれたり奇形が発症する原因は、

 

卵子や精子の染色体異常や、ウイルス、放射能などによるものが

 

ほとんどだと言われています。

 

 

産み分けゼリーを使用した結果、

 

障害児が産まれてしまうという確率は非常に低いと言えるでしょう。

 

安全で使いやすい産み分けゼリーも発売されている

これまでは産み分けの際には

 

杉山産婦人科からゼリーを購入し

 

実践している方がほとんどだったそうです。

 

 

でも、生み分けネットで杉山産婦人科のゼリーの使用方法をみてみると

 

なにやら手がかかって難しい印象をうけました。

 

 

これではいざ子作りをしようという雰囲気を壊してしまうのでは?と(笑)

 

 

そこで最近では

 

簡単にネットで購入できる非常に簡単に使える産み分けゼリーも発売されています。

 

 

本サイトのトップページで紹介しているベイビーサポートなどがそうです。

 

 

ベイビーサポートも安全性がしっかりと証明されていて

 

これまで胎児に悪影響があったことももちろん無い良品です。

 

 

是非チェックしてみてくださいね♪