障害児が生まれる確率は?

障害児だと分かる時期はいつ頃?

 

別のページで障害(奇形)が発生する時期についてまとめました。

 

では、実際に発生した障害を確認できる時期はいつ頃なのか。

 

奇形については胎児エコーで判別できるケースがあるので

 

そのことを調べてみました!

 

 

 

胎児の成長を確認するためのエコーや胎児スクリーニング

 

胎児がおなかの中でちゃんと育っているかどうか

 

定期的に超音波(エコー)検査を実施します。

 

 

超音波検査を行う目的は

 

身体がちゃんと形成されているか、

 

臓器の形は大丈夫かなど、

 

胎児の時点で病気がないかどうかをチェックするために行います。

 

 

もちろんエコーですべてを発見することは難しいです。

 

 

しかしエコーでわかるものもあります。

 

 

たとえばダウン症などでは

 

首や鼻、心臓、指などに特徴が出てくるので、

 

エコーで見つけれることもあります。

 

 

しかしエコーは万全ではないので

 

近年胎児スクリーニング検査を実施する病院が非常の多くなりました。

 

 

妊娠11〜13週に行う胎児スクリーニング検査では

 

「胎児の首の後ろの皮下の黒く抜けた部分の大きさ」

 

「胎児の心拍数」

 

「鼻骨の有無」

 

「静脈管の血流派形」

 

「三尖弁逆流」の指標をチェックし、

 

障害が起こっているリスクを算出するんですね。

 

 

これによって

 

ダウン症、18トリソミー、13トリソミーや

 

染色体異常が起きている確率があるのかどうかを

 

判別することができます。

 

更に3Dや4Dのエコー検査を行う病院も増えています。

 

 

この検査では

 

「胎児の形状と大きさ及びその異常」

 

「胎児の骨格や血管、脳、内臓の発育及びその異常」

 

「遺伝子変異や染色体異常による先天異常」などです。

 

 

 

このようにエコーやスクリーニング、3D,4Dを駆使して

 

できうるチェックを行っていくわけですが、

 

胎児の向きなどで目視できる部分が限られるので

 

すべての障害を見つけることはとても難しいです。

障害がわかる時期

その上で現在もっとも障害が確認されているのは

 

経腹検査に切り替わる時期の「妊娠12〜15週目」であることが

 

もっとも多いと言われております。

 

 

高齢出産となる35歳以上の妊婦さんの場合には

 

出生前検査の一環として、通常より早くエコー検査を行う場合もあるそうです。

 

 

高齢出産である場合や、親族に障害を持った家族がいる場合などは

 

当然障害のある子どもが産まれる可能性も高くなると考えられております。

 

 

早い段階で障害を確認できて、

 

且つ、それがひどい場合は

 

苦しくつらい判断ですが、

 

赤ちゃんをあきらめるという選択を取ることも現在の日本では可能です。

 

 

気がかりになる方は早めに検査を受けておくのも選択のひとつです。