障害児が生まれる確率は?

障害児が産まれる確率と関係する栄養素【ビタミンA】@

障害児(ここでは奇形を指します)が産まれてくる確率に

 

大きく影響する栄養素が【ビタミンA】です。

 

 

結論から言うと、

 

【ビタミンA】は摂りすぎても摂らなさすぎてもダメです。

 

 

いったいどういうことでしょうか。

 

 

ここでは、

 

ビタミンAの過剰摂取による影響、

 

ビタミンAが不足していることによる影響、

 

それぞれ詳しく見ていってみます。

ビタミンAの過剰摂取による影響って?

 

結論から言うと、

 

ビタミンAの過剰摂取は、胎児が障害児となる確率を上げてしまいます。

 

 

この時のビタミンAは、脂溶性ビタミンA【レチノール】のことを指します。

 

 

そもそもビタミンAには、

 

「動物性」のものと「植物性」のものがあります。

 

 

このレチノールは「動物性由来」のものに分類されます。

 

 

動物性のビタミンA「レチノール」は”脂溶性”です。

 

 

その名の通り水には溶けにくく油に溶けやすいため、

 

体内、特に肝臓に溜まりやすく、

 

油脂と一緒に摂取すると吸収率は80%〜90%となっています。

 

 

吸収率が高く体内に溜まりやすい

 

レチノールによるビタミンAの過剰摂取が

 

先天的な異常をもった奇形を起こす原因となっていることが

 

近年の研究で分かっています。

 

 

レチノールは、

 

豚肉、鶏肉、牛レバー、うなぎ、鮎などにたくさん含まれています。

 

 

多量に摂取することがなければ、

 

過剰症、つまり先天異常などの疾患を引き起こす危険性は無いとされています。

 

 

現在、特に先進国では食事に困ることは少なく、

 

ビタミンAは比較的ん簡単に摂取することができます。

 

 

しかし、サプリメントとしてもビタミンAが簡単に手に入るようになっているため、

 

本人がどの程度ビタミンAを摂取しているかわからず、

 

知らない間に過剰摂取になる危険性が問題となっています。