障害児が生まれる確率は?

水銀は胎児に悪影響を及ぼす可能性あり!魚を食べるときは要注意

 

妊娠したと分かると

 

胎児の健康的な成長を考えた場合、

 

摂取を気をつけなければならないものがあります。

 

 

それは魚です。

 

 

魚の中に含まれる水銀が問題となるからです。

 

 

厚生労働省により

 

妊婦の魚介類の食べ方において注意が促されています。

 

 

魚は体にいい。でも妊婦はちょっと注意が必要

 

魚は良質なたんぱく質や

 

血管障害やアレルギー反応を抑制する作用をもつDHA、EPAを多く含み

 

カルシウムなども豊富に含んでいます。

 

 

これらは生活する上で大切な栄養源となっていることは言うまでもありません。

 

 

ところが自然界に存在する「水銀」が食物連鎖によって

 

魚に取り込まれている場合があります。

 

 

魚を極端に食べ過ぎる等、偏った食生活ガ

 

胎児に悪影響を及ぼす可能性がこれまでの研究で指摘されています。

 

 

水銀を摂りすぎてしまうことで

 

赤ちゃんの発育に悪影響がある場合が指摘されているからです。

 

 

具体的にどんな悪影響が出るの?

 

 

具体的にどのような悪影響が起こるかというと、

 

水銀は胎児の聴覚神経に影響し、

 

音を聞き取る反応が遅れてしまうからです。

 

 

どの程度の遅れかというと、

 

生後音を聞いた時の反応が

 

1000分の1秒以下のレベルで遅れる可能性があるんです。

 

 

1000分の1秒以下の遅れは

 

時間としてはほんとに刹那の瞬間ですが、

 

それでも健常な状態と異なるわけですね。

 

 

更に、

 

脳や神経組織に悪影響が及んだり、

 

発達の遅延、運動神経の低下、IQ低下などの障害がおこる

 

可能性があると言われています。

 

 

大切な我が子なだけに、可能な限りリスクを回避してあげなくてはなりません。

 

 

 

とはいうものの、

 

日本では魚はとてもよく食べられる食材。

 

 

水銀という悪影響も指摘されてますが、

 

体にいい栄養も持っているわけです。

 

 

食べてもいい魚とその量をしっかり知っておくことで

 

美味しく栄養を摂り、リスクを回避することができます。

 

 

食べる魚の量と種類に注意すれば大丈夫

 

何をどれくらい食べてもいいのか、食べてはいけないのか。

 

 

 

注意が必要な魚と1週間の摂取目安について

 

厚生労働省の表が一番わかりやすかったです。

 

文字でダラダラ羅列するより一目瞭然なので引用しました。

 

しっかりチェックしておいてください。

 

 

1週間に摂取可能な魚の量目安

 

 

まとめ

 

厚生労働省が示している表のとおり、

 

1週間単位で魚を食べる量の目安を考えておきましょう。

 

この目安を超えないようにすればOKです。

 

冒頭でもお伝えした通り、魚はDHAやドコサヘキサ酸を含み、

 

良質なタンパク質を摂ることができるすぐれた栄養源です。

 

食べる量に気をつけて、美味しく摂っていきたましょう!