障害児が生まれる確率は?

障害児が産まれる確率と関係する栄養素【ビタミンA】A

ビタミンAの摂りすぎ、とくに動物性のレチノールは体内に蓄積され

 

脂溶性であるため尿などから流れ出にくく、

 

過剰に摂取すると体内で胎児の奇形化に影響します。

 

 

特に耳の形態異常などの報告が多いとのことです。

 

ではビタミンAの摂取を抑えた方がよいのでは?と考えますよね?

 

 

しかし、ビタミンAは不足しても問題が起きます。

不足しても問題が起きるビタミンA

ビタミンAは体内でとっても重要な役割を担ってます。

 

 

体の粘膜(口の中、喉、皮膚など)の動きを正常に保つ働きや、

 

免疫を正常に保つ働きをします。

 

そして、胎児の細胞分化にも関わっています。

 

 

胎児の細胞分化に関わっているので、

 

ビタミンAが欠乏すると胎児の成長に直接的な影響が出ます。

 

 

胎児が成長している間に起きるビタミンAの不足は

 

骨や神経の発育不良を招き、

 

過剰摂取の時と同じように障害児が産まれてくる確率を上げてしまうことに

 

繋がりかねません。

 

ビタミンAは緑黄色野菜から摂ろう!

脂溶性のレチノールは過剰摂取により奇形の確率があがる。

 

でもビタミンAは不足しても問題。

 

では一体どうすればいいか?

 

実はビタミンAには、もう一つ「βカロテン」という栄養素があります。

 

 

βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれています。

 

βカロテンは体内で必要に応じてレチノールへと変換される性質を持つビタミンAです。

 

 

このβカロチンは植物性由来のビタミンAです。

 

体内で余ったβカロテンは、レチノールのように奇形に影響することは無く、

 

逆に抗酸化物質として働くため過剰症となりません。

 

 

ビタミンAは
過剰摂取しても不足しても胎児が奇形、つまり障害児となる確率が上がってしまいます。

 

 

ビタミンAをうまく摂取するためには、

 

過剰症のリスクを回避し摂取することのできるβカロテンから摂るとよいですね。

 

βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれていて、

 

キャベツやレタスなど淡い色をした野菜には多く含まれていません。

 

 

 

適量のビタミンAを摂取し、障害児が産まれる確率を下げよう!

鶏、豚、ウナギなどには

 

レチノールが多く含まれていることから

 

妊娠中は頻繁に摂取することは避けたいです。

 

 

でも食べたくなる時は我慢せず摂りすぎないように食べればいいと思います。

 

 

我慢しすぎによるストレスが逆に悪影響になってしまっては元も子もありません。

 

 

ビタミンAのように、摂りすぎても足りなくてもダメな栄養素があります。

 

 

妊活中や妊娠中は、元気な赤ちゃんを産むためにも、

 

自分に必要な栄養素を適量摂ることが求められます。

 

 

通常の食事だけでは難しい場合は、

 

専用のサプリメントなどをうまく使うとよいでしょう。