障害児が生まれる確率は?

障害児が産まれる確率を下げる栄養【葉酸】A

「障害児が産まれる確率を下げる栄養【葉酸】@」のページで説明した通り、

 

怖い先天疾患「神経管閉鎖異常」の発症の抑制に

 

効果があると分かっているのが【葉酸】です。

 

この葉酸、いったいどれくらい取ればいいのか?

 

そこのところもまとめていってみます!

「神経管閉鎖異常」を防ぐ葉酸

例えば米国では、

 

食品にある一定濃度の葉酸を添加することを義務付けたそうです。

 

 

なんとこれが功を奏して、

 

妊娠全体において「神経管閉鎖異常」の障害児が産まれる確率を

 

大幅に減少させることに成功したそうです。

 

 

日本は米国にくらべて

 

「神経管閉鎖異常」の障害児として産まれてくる確率が

 

8倍の多いというデータもあります。

 

 

このことから、

 

近年では「神経管閉鎖異常」の発症予防に一定の効果を示すと言われている

 

葉酸の摂取が広く推奨されているわけですね。

1日400r!葉酸をしっかり摂ろう!

 

このように現在葉酸は積極的な摂取を推奨しています。

 

 

葉酸は一日当たり400r必要と言われています。

 

 

これは一体どの程度の量なのか?

 

 

計算すると、

 

毎日毎日野菜を約350g程度摂取すれば補える量とされています。

 

 

 

しかし、毎日野菜をこれだけとることもとっても難しいですね。

 

 

そこで

 

不足している栄養はサプリメントなどの補助食品で補うことが推奨されております。

 

 

下半身の運動麻痺や知的障害、無脳症による重度の障害や流産死産を防ぐ

 

重要な栄養素【葉酸】。

 

 

障害児となって産まれる確率を下げるためにも、

 

健康な赤ちゃんを産むためにも、

 

適切な葉酸の摂取は必須です!