障害児が生まれる確率は?

発達障害の特徴は?

 

発達障害にはいくつかの種類があります。

 

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、

 

ADHD(注意欠如多動性障害)、

 

LD(学習障害)の大きく3つに分けられます。

 

これら3つの障害は脳の機能に関連する障害、特性です。

 

ここではそれぞれの障害の特徴をまとめてみます。

 

 

@ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)の特徴

 

ASDにはいくつかの特徴があります。

 

・”空気の読めない”ため、その場にはそぐわないような発言をしてしまうことが多い。

 

・人が言ったことをそのまま受け止めるので、暗黙の了解などが通じにくい。

 

・簡単な数字の足し算引き算ができない。

 

・考えを表に出すことが苦手で極端に寡黙。

 

・極端によくしゃべる。人見知りがまったくなく誰にでも自分のペースで話をしてしまう。

 

 

このような特徴がありますが、多岐にわたるため、こういった傾向があった場合にASDを疑います。

 

よくしゃべるとか寡黙といったように、矛盾する症状があるのが特徴的です。

 

また症状は十人十色ですべてに当てはまる子はいません。

 

その上でもっとも象徴的な言い方をすると、社会性が他の子とことなるため「変わった子」と思われる場合多いです。

 

 

 

AADHD(注意欠如多動性障害)の特徴

 

・極端に好奇心旺盛。

 

・注意散漫勝ちで片付けができない。

 

・忘れ物が多い。

 

・おっとりしている。

 

・ぼーっとして話を聞いていないようにみられる。

 

・活発で元気すぎり。着席が苦手で落ち着きが見られない

 

・行動力がある。

 

・衝動性が抑えられず、突発的な行動が多い。

 

 

ADHD(注意欠如多動性障害)は

 

その名の通り不注意さや多動性、衝動性が特徴とされています。

 

小さいときは体の多動性を見て取れますが、

 

特徴としては成長するにつれて頭の多動性が顕著になります。

 

もっとも象徴的な言い方をすると、注意、関心や気持ちや行動の自制が苦手な子というイメージになります。

 

 

LD(学習障害)について

 

 

・普通に生活する上で支障はないが勉強がとても苦手。

 

・ 文字がぼやけて見えたり、反転して見えたりする。

 

・読書は好きだが文字をまったく書くことができない

 

・ 暗記力はしっかりしていても数字だけはまったく覚えられない

 

 

LD(学習障害)は、

 

全般的な知的発達に遅れは見らないものの、

 

聞く・話す・読む・書く・計算するまたは推論するなどの

 

ある特定の能力の習得が極端に困難をきたすことが特徴です。

 

抽象的に言うと、頭の悪い子、だったり勉強ができない子、とだけ思われるケースも多いようです。